そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2004年04月13日| Education[教育]

Net Hoaxes Snare Fools All Year

円周率を「聖書に基づく値」3.0に変更

 上記のリンク先記事は、エイプリルフール前日に書かれた、「ネットはいたずらや嘘・ホラが広がりやすいよ、嘘を嘘と見抜けない人は~。」という風味。強引に要約するとそんな感じ。

 その中に、流布している例として「一酸化二水素の危険を告発ネタ」も引き合いに出てました。
ご存じない方に引用。

一酸化二水素(Dihydrogen Monoxide:DHMO)の規制を!

DHMOは無色、無臭、無味であるが、毎年無数の人々を死に至らしめている。殆どの死亡例は偶然DHMOを吸い込んだことによるが、危険はそれだけではない。DHMOの固体型に長期間さらされると身体組織の激しい損傷を来たす。DHMOを吸入すると多量の発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常が出現する可能性がある。DHMO依存症者にとって、禁断症状はすなわち死を意味する。

DHMOは水酸の一種で、酸性雨の主要成分である。地球温暖化の原因となる「温室効果」にも関係している。また重度の熱傷の原因ともなり、地表の侵蝕の原因でもある。多くの金属を腐食させ、自動車の電気系統の異常やブレーキ機能低下を来す。また切除された末期癌組織には必ずこの物質が含まれている。

汚染は生態系に及んでいる。多量のDHMOが米国内の多くの河川、湖沼、貯水池で発見されている。汚染は全地球的で、南極の氷の中にも発見されており、中西部とカリフォルニアだけでも数百万ドルに上る被害をもたらしている。

この危険にも関わらず、DHMOは溶解や冷却の目的で企業利用されており、原子力施設や発泡スチロール製造、消火剤、動物実験に使われている。農薬散布にも使われ、汚染は洗浄後も残る。また、ある種の「ジャンクフード」にも大量に含まれている。

企業は使用済みのDHMOを大量に河川、海洋に投棄しており、それはまだ違法ともされていない。自然生物への影響は限りないが、我々は今のところ何も出来ないで居る。

アメリカ政府はこの物質の製造、頒布に関する規制を「経済的理由から」拒んでいる。海軍などの軍機関はDHMOにかんする研究を巨額の費用を投じて実施している。目的は軍事行動時にDHMOを効果的に利用するためである。多くの軍事施設には、地下に近代的な施設が造られ、後の使用に備えて大量のDHMOが備蓄されている。

 一酸化二水素って……。
 水。

 ちなみにこのネタ、Urban Legends Reference Pages: Toxin du jour (Dihydrogen Monoxide)から引用ですが、1997には14歳の中学生がこの「告発文」をつかって「私たちはどれくらいだまされやすいですか。」というレポートでアイダホの科学博で行われたコンテストの賞を取った模様。そう書いてあった。


 円周率を「聖書に基づく値」にの続きを読む " 円周率を「聖書に基づく値」に" »

| Education[教育]


  教育の世界に携わってはいないけれど、もしこれから先、人の親となることがあれば考えなきゃならないだろう。そんな気持ちで4/12の記事そのときハートは盗まれた:  世界は俺を中心に回ってるを取り上げた。

 近視眼的には、雇用する方向で動いている現在の職場での新人教育も含まれますが、それも踏まえつつ、これをキッカケに自分の中の引き出しが増えればいいなぁ。(つぶやき)

 古今東西、今まで多くの先人がいろんな方法で試み、まだ「これが正解!」てのが無いって事は、きっと教育方法ってヤツは時代、言い換えれば主体との関係において常に変わっていくのでしょうね。

 求める結果・成果が何かによっても方法は異なるでしょうし、どれだけの人数の相手をしなければならないのか。そのときグループ内での基準はどこに求めるのか。

 一例として算数を例にとれば、「どうしてそうなるのか」という実験・実例から皮膚感覚での理解という方法で促すか、例題の解決という「解く喜び」を体験することにより促すか。これも主体者によって効果的な方法は異なると予想できます。
 限られた時間の中で前者に重きを置けば、例題演習に割く時間が少なくなる事が予想されるし、かといって後者主体では学ぶこと・学んだことを技術として身に着けるに留まるもしくは、肌で感じるのが難しいのではないかという事も予想される。

 要はバランスなんだろうけれども、そのバランスも時代、もしくは主体との関係によってそのとき・そのばで漸進的に変化しているんだと思う。昨今のゆとり教育とか教科書問題とか、いろんな方法を探しながら、「みんなで幸せになろうよ」って方向でみんなで悩んで答えを探してるんだと思っているし、そう思いたい。

 勉強・学習・教育の定義なんてことを考えると話はどんどんふくらんでいきそうです。ゆっくりと時間をかけて、気になるニュースがあれば順次追加していきたいテーマかな?


【学習】(名)スル
(1)まなびおさめること。勉強すること。
「新しい教科を―する」
(2)〔生〕
生後の反復した経験によって、個々の個体の行動に環境に対して適応した変化が現れる過程。ヒトでは社会的生活に関与するほとんどすべての行動がこれによって習得される。
(3)〔心〕
過去の経験によって行動の仕方がある程度永続的に変容すること。新しい習慣が形成されること。
(4)〔教〕
新しい知識の獲得、感情の深化、よき習慣の形成などの目標に向かって努力を伴って展開される意識的行動。


三省堂提供「大辞林 第二版」より

【勉強】(名)スル
(1)学問や技芸を学ぶこと。学習。
「―部屋」「おそくまで―している」
(2)ある目的のための修業や経験をすること。
「何事も―だと思ってやってみる」
(3)(商人が)商品の値段を安くして売ること。
「―しますのでお買い下さい」
(4)物事にはげむこと。努力すること。
「職業に―する精神あること/西国立志編(正直)」
(5)気が進まないことをしかたなくすること。
「―して櫓を揺しゐたれば/甲子夜話」
(4)が原義〕


三省堂提供「大辞林 第二版」より

【教育】(名)スル
他人に対して、意図的な働きかけを行うことによって、その人間を望ましい方向へ変化させること。広義には、人間形成に作用するすべての精神的影響をいう。その活動が行われる場により、家庭教育・学校教育・社会教育に大別される。
「子供を―する」「義務―」「―のある人」


三省堂「大辞林 第二版」より