そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2004年05月20日| Diary[日々の覚書]

男フェスティバル

 今朝方、生放送の番組収録中の事、自分の仕事を終えてスタジオ脇のモニタを覗いていた時のこと。

 「あれ、いまフリップの下のほうに『男フェスティバル』ってありましたよ。」

 「え、何ですかそれ?気づかなかった」

 「なんだか、スゴイ絵を想像しちゃいますね」

 どんな絵を想像したのか?ということは考えない方向でいましょうか。

 ちなみに、気になったので検索してみたところ、「男のフェスティバル」で見つかりました。
 開催地も同一でしたし、もしかすると私の見間違いだったかもしれません。
 どちらにせよ「の」の有り無しの違いだけですが。

 「メンズリブ・男性学・ジェンダー論」等を扱う団体との事で、『想像したスゴイ絵』というのはアタリだったか、ハズレだったか……。

| Diary[日々の覚書]

「はだかエプロン」
 それが魅惑的なのかどうかは個人の趣味嗜好によるのだろうけれども、はだかでエプロンの第一人者といえば、外せないのがムーミンママでないだろうか?
 はだかに父の威厳、シルクハットのムーミンパパ。
 はだかにアンクレットがチャーミングな、フローレン。

はだかエプロン あるいはムーミンママの続きを読む "はだかエプロン あるいはムーミンママ" »