そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2004年07月13日| EC[通販等]

 ここ最近、営業関係の接触が多い。

 「衛星放送系のTV通販番組はいかがですか?」とか、「新しく始めるショッピングモールですよ」とか「メールアドレス買いませんか?」とか。そうそう、どっかの生活共同ナントカの通販カタログに商品出しませんかとかもあった。

 メルアド購入は問答無用に却下。他にするべき事が無くなって、後は人を集めるだけなんて状態になったら必要だろうが、まだまだそこまでたどり着いてない。それ以前にしなきゃならない事がある。メールアドレスを買ったところで、それが同意を得て獲得したアドレスでなければなんらかのアクションを企業側が行ったとしても、その反応はキビシイ物がある。メルマガ送ってOKってボタン押したにもかかわらず「何で送ってくるんだ、もう送ってくるな!」なんて反応は多いし『メルマガ購読者の中から抽選でプレゼント!』なんて企画でも、『メルマガ送ってくるな、でもプレゼントはちょーだい』て事もあるし、不思議なことが多い。きっと、私の文章力がつたなかったのだろう。反省。

 販売チャンネルを増やすにしても、TV通販とか、大手通販カタログにのっかれば、流通の量は大きくなるのだろうけれども、耐えられない。主に私が。多分、注文をさばききれない。対応しきるほど、商品を倉庫に詰め込んで置けない。結果的に、お客様をお待たせしたりすることでご迷惑をかける。結果売り手も買い手も幸せになれない。もっとも、売り手は物量で売り上げを確保できるだろうし、買い手は安くで商品を購入できれば、それはそれでシアワセなのだろうけれども。それでもやっぱり、一日に対応できるお客様の量は業務の構造を考えるところからやり直さないと、そのうち限界が来るのは明白な事実だ。受注にしろ発送にしろ、CSにしろ、人の手と時間には限りがある。

 かといって、人員を増やせばいいのかというと単純には行かない。
 “銀の弾丸は存在しない”って言葉がある。

通販のお仕事現状の課題の続きを読む "通販のお仕事現状の課題" »

| Memo[メモ]

鹿児島新報という新聞があった

鹿児島新報
出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』
鹿児島新報(かごしましんぽう)は株式会社鹿児島新報社の発行する新聞である。2004年5月5日付で廃刊。

1959年に鹿児島毎日新聞として創刊。同じ鹿児島県の地方紙・南日本新聞から移籍した社員や役員などが岩崎グループ(県内で観光ホテル、観光バスなどを運営)などの地元財界と協力して運営。1960年より現題号。社会面・地元関連記事を紙面の冒頭に持ってくるなど、地元密着型の紙面づくりを目指した。しかし1973年に岩崎が撤退すると売り上げ面などで伸び悩み、累積赤字も抱えていることから2004年5月5日付で廃刊、発行母体の株式会社鹿児島新報社は同日に自己破産を申し立てた。


 廃刊の知らせを聞き、今は無き鹿児島新報のサイトを覗いたのが5/4の夜。
 廃刊に寄せるコメントに、読者や支援者の暖かさが伝わってきた。
新聞紙面、記事に寄せる意見、時には厳しい言葉が並ぶ掲示板であったようだが、それも人々の寄せる思いがあってのことだったのだろう。
 (在りし日の鹿児島新報のサイトの様子は、http://www.archive.org/web/web.phpで『www.kagoshimashinpo.com/』を入力することで垣間見ることができる。)

 廃刊に寄せる人々のコメントの中、忘れられないコメントがあった。
 そのときの画面キャプチャ画像が残っている。

鹿児島新報という新聞があったの続きを読む "鹿児島新報という新聞があった" »