[フランダースの犬]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

フランダースの犬

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

フランダースの犬

2004年06月22日| Memo[メモ]|

Google 検索: フランダースの犬 皿

 絵本を見て涙する。
 そんな経験は無いだろうか?
 いつだったか、暇つぶしに手元にあった絵本を開いた事があった。
 フランダースの犬だった。

 号泣した。

 ほんの数ページしかない絵本で、なんでこんなに泣けるのかというほど、泣けた。

 「フランダースの犬の絵皿があるらしい」


 さずがに、その絵皿で食事を取る気にはなれそうもない。






メイン
・一つ古い記事: たこやき
・一つ新しい記事: 愛に生きる男

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/444

この一覧は、次のエントリーを参照しています: フランダースの犬:

» 絵本の読み聴かせ from 喫茶去
臣さんのblogにおじゃま。 【その時ハートは盗まれた】にト [詳しくはこちら]

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: たこやき
・一つ新しい記事: 愛に生きる男