[うちへ帰ろう]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

うちへ帰ろう

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

うちへ帰ろう

2005年02月15日| Diary[日々の覚書]|

二人で暮らしはじめて最初のバレンタイン。玄関のドアを開けると暖かな空気が溢れていた。
台所でロールキャベツを煮込む君ががいた。いつも帰りが遅くてごめん。そういや定時に帰った事ないね。
スパークリングワインの封をきりグラスをかたむけた。ボトル一つはあっというまになくなっていく。

できるだけ九時すぎまでには帰るようにするから。引越しの荷物運び終えれば結構な量の仕事が家でもできるようになるから。もっと家にいられるはずだから。

光りはじけて消えるグラスの中の泡を見ながらそんな事を思った

P.S.結婚して半年経過したというのに荷物運び終えていないのは考えない方向でorz






メイン
・一つ古い記事: 君がサラダを食べたから
・一つ新しい記事: あのボトルキャップマニアたちは

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/521

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: 君がサラダを食べたから
・一つ新しい記事: あのボトルキャップマニアたちは