[耐震構造計算書偽造問題関連倒産情報]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

耐震構造計算書偽造問題関連倒産情報

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

耐震構造計算書偽造問題関連倒産情報

2005年11月22日| Memo[メモ]|

耐震構造計算書偽造問題関連
倒産情報

熊本の企業が11月21日付の決済が困難となり、11月22日付で事業を停止との事。

偽造問題で、複数の竣工済みのマンションやホテルについて当社が施工者だったことが明らかとなり、建設中の物件は工事ストップに追い込まれるなど対外信用は著しく失墜。

 11月21日に決済難に陥り、今後の資金繰りのメドも立たないことから、今回の事態となった。

 2005年10月末時点の負債は約138億6600万円。



コンサル、設計事務所等、チェック項目というのは決して少なくはないし、チェックするのは1回や2回じゃないし、設計者がチェックするのはチェックとは呼べないというイキオイでいろんな人の目でチェックを行う。もちろん、成果物として納品されたものも、発注担当者がチェックを行い場合により再度設計しなおしなど、設計に携わる現場では行われているはずだ。(根拠のない数字がポンと出てくることはありえないし、設計書・設計図ともに、どこかしらに該当の数値を導き出した根拠・計算式が記載されているはずだ)そのチェック包囲網をすり抜けるってのはなんだろうと……。

四捨五入や五捨五入を駆使した小数点マジックとかで大きく数字が変わってくるとも思えないんだが……。






メイン
・一つ古い記事: 寿命判定……
・一つ新しい記事: 趣味:調べるということ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/702

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: 寿命判定……
・一つ新しい記事: 趣味:調べるということ