そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2006年03月17日| Diary[日々の覚書]

あんなことやこんなことや

想像もできません


| Diary[日々の覚書]

 体調を崩し、額と首筋、脇の下と耳に「ひえピタ」貼り付けて寝込んでいました。
(耳は、どうゆーわけか、赤黒く腫れ上がっています。おおかた、ライブのときにどこかでシコタマ打ち付けたんでしょう。記憶にないけど。)

 ふと目が覚めると、ipodで中村和義とかハナレグミとか聞いてたんですが、「さよならCOLOR」はいい。染み入る。映画を見てないんだが、見てみたいと思った。

 気がつくと、嫁が漫画を買ってきていたようで、なんか、動物のお医者さんとかおたんこナースとかの作者らしい人の書いてる鉄道ミステリっぽい漫画。動物の...もおたんこ...も読んだことないので知らんけど、ご苦楽レストランは読んだことある。味わい深い。
月館の殺人(上巻)

 なんでこうタイミング良くUnderworldのボンスリに曲が移るんだと呆けた頭で考えたが、そういや自分で作った再生のリストにはいっていたなぁと、確かこの次はAphex Twinじゃなかったか?とか思っていると、嫁が唐突に質問してきた。

 「私が、機材全部売り払ってきたらどうする?」と。

 そんな事されたら……。

Born Slippy聞いていたの続きを読む "Born Slippy聞いていた" »