そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

| EC[通販等]

[Policy Statements, Proposals and Reports]95/06/20

対日直接投資拡大・輸入促進に関する意見
1995年6月20日
社団法人 経済団体連合会


電気用品取締法の規制緩和
規制緩和推進計画では政府認証の必要な甲種用品に該当する家電製品117品目を乙種(自己認証)用品に移行するとともに、技術進歩等を踏まえ、型式区分の見直しを行うこと、1999年を目標に安全基準をIEC(国際電気標準会議規格)へ整合させることが明記された。これらの措置を遅滞なく実施するとともに米国のUL規格との相互認証も促進するよう要望する。

これって電気用品安全法のこと?

| Diary[日々の覚書]

「あたまだいじょうぶ?」って嫁に言われた。

ひ、ひどい……。

いや、風邪気味でやばそうにみえて声かけてくれたんだと思うのですが。

とりあえず、おかゆ。

もう立派な主食として成り立っています。

おなかに優しくて超オススメ。

2006年02月14日| EC[通販等]

昨夜の深夜番組でチョコの特集をやってたらしいですが、「いまさらそんなこと言われたって間に合わないよね」なんて嫁が言ってましたが、もしかして再放送だったのでしょうか?

車内でのラジオはもっぱらバレンタインの話題で持ちきりでしたが、ショップではもうホワイトデーの準備が始まってます。
ホワイトデー公式サイト によるとキャンディーを贈る日らしいです)

おもわず笑ったのがコレ。

ナンだと思います?




花かごの真ん中に赤いバラの造花があるんですが……。

じつはその造花、ランジェリー(Tバック)でできているという……。

ぱっと見ただけじゃ、気づきません……。

気づかずにうっかりコレをプレゼントしちゃうって事は無いとは思いますが、普段の素行でワライを取れるかキモーイといわれるか……。




2006年02月02日| EC[通販等]

 電気用品安全法の平成18年4月1以降の対応について経済産業省に電話確認しました。
製品安全課のお姉さんにご対応いただきました。
 少しお疲れのご様子のお声でしたので、相当数のお電話対応されているのではと思いをめぐらせました。お忙しい中、かけこみで何点も確認にお付き合い頂き感謝。同じ事を一日中説明を繰り返したりすると、「5年も猶予期間あったのに、何をしてたの?」って感じられるのだろうなと問合せの応答に恐縮しながらの質問でした。
 私の日本語対話能力の欠如で理解不足のところがあるかもしれませんので特に違反すると罰則規定のある法律ですから、業務に関連するかもと思う人は電話して確認することをオススメというか必須。基本はソースで確認。

・4/1より販売・陳列ともに禁止になることの確認
 卸・小売、店頭対面販売、カタログ通信販売、ネットショッピング、委託販売にかかわらず販売によって収益を得る事業すべてが対象となること。「個人間のネットオークションについて、出品手数料や落札金額に対して数%手数料徴収という形態は委託販売と判断されるのか?」という問合せには、『販売することによって何らかの収益を得る事業は該当する』との事でネットオークションをどう判断するかの明言はありませんでした。ビンテージ機材個人交換の有料会員制コミュニティとかのビジネスモデルはグレーゾーンってことですね。事業が介在しなければ問題ないということでしょうか。

・中古商品についてはPSEマーク表記の検査対象とはならない=今後販売・転売不可能

・施行以前に販売された商品の不良交換等についての確認
 PSEマーク対応商品以外は交換用として準備できない。つまり、PSEマークのついていない商品(過去に販売した商品の交換用ストック)にて交換対応(部品交換含む)を行おうとしても、4/1以降は事業者がPSEマークのついていない商品・部品しかもっていなければ、部品交換の対応も不可能。4/1以降は交換用部品にもPSEマークの取得が必要となる。

・販売等の責任
 4/1以降に小売店で流通在庫の販売があった場合、違反は小売店。施行以前に小売店に販売した供給元に責任を問うものではない。(製造事業者に回収の義務を課すものではない)

・今後、今回の改正に関わる件の周知について経済産業省サイトや官報以外での告知は特にないとの事
 品目によって異なるものの概ね猶予期間5年もあったのだから当然の事として受け止める必要があるのかも知れませんが、リサイクルショップの店頭で件の張り紙を見ていなければ認識していなかったかも知れず、実際のところ商品自体は対応済みの問題のない商品であるにもかかわらず、営業担当者が件の改正・及び猶予期間の終了を把握しておらず、慌てて確認するという一幕が存在した

経済産業省のサイトは、こまめに確認しなければいけないなと痛感。

2006年02月01日| EC[通販等]

只今ジャストナウで資料をあさり関係取引先などへ確認しているところですが経済産業省通達等のメモ
やばいまじやばい、輸入商品とか自社企画商品とか、がっつり関係するわけですね。
特定以外の電気用品のリストにて確認)

【PSEマークの表示されない電気用品の販売等の制限】
■電気用品安全法 (http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO234.html

経済産業省 > 消費者政策 > 製品安全のページ > 電気用品安全法のページ
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/index.htm

・電気用品取締法の表示が付してある電気用品の販売の猶予期間を電気用品一覧(特定電気用品、特定以外の電気用品)
(楽器も含まれるのね……。古い楽器は手に入らなくなるということか……。

行為内容の確認

罰則:その違反内容により、一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金や、三十万円以下の罰金、一億円以下の罰金刑 、二十万円以下の過料……。

大きな疑問
PSEマークの記載されない電気用品の販売が禁止となるわけだが、「販売・それを目的とする陳列の禁止」→「委託販売もアウト?」→「ヤフオクって出品料と落札手数料を課金するシステムは実質的に委託販売と何が違うの?」

こないだリサイクルショップの前を通ったら、電気製品の買取をお断りする場合がありますって張り紙がしてあったよ。JUNK商品とかって一括して廃棄処分しちゃうんだろうか。同一商品で在庫のあるものならば、許認可申請などでPSEマークをつけられるだろうけれども、中古品でなおかつ単価の低いものは廃棄しかなさそうな悪寒……。税務上損金処理として計上するのだろうか。

追記:楽天とBIDDERSは電話確認したが該当商品を出品禁止品目に指定とかは今のとこないらしい。業者が販売すれば業者はアウトな訳だが、今現在2/1夕刻時点ではサイトとして売買を禁止する話は出てないとの事


インターネット・オークションにおける「販売業者」に係る特定商取引法の通達改正について
http://www.meti.go.jp/press/20060131007/20060131007.html
公表日 : 平成18年1月31日(火)
・いままで、事業者とするラインがあやふやだったので、数値基準を作りましたよというとこでしょうか。
pdf資料の数値で考えると、個人出品でも小遣いを意識するとあっというまに事業者認定されそうな勢い。(金額では事業者認定されなくても、出品点数で事業者認定というところに要注目でしょうか)

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages