[まだまだ続くよ連鎖連鎖の電気用品安全法]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

まだまだ続くよ連鎖連鎖の電気用品安全法

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

まだまだ続くよ連鎖連鎖の電気用品安全法

2006年02月18日| EC[通販等]|

数年前のことを思い出した。

販売先が民事再生法の適用を申請しちゃった事があるわけですが、ほんと青ざめた。
販売先からは商品の販売代金が回収できなくなるのに、仕入れ元には仕入れ代金を払わなきゃならない。

当時一番大きな金額を取引してる相手だっただけに、まじアウト。ほんとダメかもと思った。いままで幾つかの会社の経営が傾く様をみただけに、またかよ、って思ったのは否めない。影響を受けて連鎖倒産していく姿を小耳に挟みながら、頭の中ではぷよぷよが「3連鎖~☆」とかいってそのうちドカドカと半透明のおじゃまぷよに埋め尽くされて圧死なんていやな連想ゲームをしていた。
先日も新商品の準備をと、商品サンプルの写真撮影を行い販売の準備を行っていたら、生産メーカーの倒産とかで話が流れたりとか記憶に新しい。幸い、返品するべき商品が存在しなかったので損害は無し。

商品の換金が出来なくなると、続々と連鎖して関連の業者に影響が出る。
聞いた話で泣けてくるのは、国内生産ではなく輸入品、ショップが直接海外メーカーと話をつけて生産した商品(独自商品として差別化できるし、中間マージンがかからないから仕入れも安く稼ぎ頭のカワイイ商品達)とかが、マークに適応していなくてどうしょうもないとか。返品するわけにもいかんし。ショップの情報収集能力が低かったとか自己責任というのにはかわいそうな気が……。
従来は店舗閉店すると、噂を聞きつけたメーカーや他社etcがざくっと店舗在庫を引き上げたり、差し押さえにあったりとするわけですが、ここいらをどうすんのか。

PSEマーク対応していない機材が資産価値ゼロと、もしもみなされるのであれば、あとわずか1カ月、設備投資に全力を尽くすわけですが、当然そんなうまい話になるわけがないよなぁ。
(設備投資した「設備」は「資産」となるので、資産に対する税金徴収の対象となる。)
資産価値ゼロとなったりしたら、評価額ゼロ資産を差し押さえとかできないから銀行は多大な不良債権を抱え込むことになるんだろうなぁ。
突如現れるサブマリン不良債権。笑えない。

販売できない商品・資産価値ゼロの企業設備という流れができると国内に赤字企業続出で国の法人税税収が目減りする、ということを考えると無理っぽいので、税収の対象として資産価値はあるけど販売できない。そんなフシギな物質の誕生ということになるのかもしれません。(減価償却終わってるかもしれんけど)






メイン
・一つ古い記事: 電気用品安全法って影響範囲が広すぎる件について
・一つ新しい記事: 消費経済部長さんのブログにコメント殺到している件について

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/719

コメント

むずかしい記事でしたが、最後まで読んだので
記念の書き込みをさせてください・・・。

おつかれさまです。
わかりづらい文章書いてごめんなさい……。

もっと文章量増やしてわかりやすい文章が書けるよう努力しますね。

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: 電気用品安全法って影響範囲が広すぎる件について
・一つ新しい記事: 消費経済部長さんのブログにコメント殺到している件について