[スクールバスの是非]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

スクールバスの是非

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

スクールバスの是非

2006年02月18日| Education[教育]|

NIKKEI NET:社会 ニュース

滋賀・長浜での事件のニュース速報の中で、おや?と感じたことがあった。

幼稚園が、集団登園を推奨していたらしいけれども、これは車を使って送り迎えしてくださいねという指針だったのでしょうか?
チャイルドシートの事とか想定していたのか、送り迎え最中の事故発生時の責任の所在等を想定しての保護者からの意見というのは存在しなかったのだろうか?

たぶん、上記の事もあって、スクールバスの運用と保険というのが存在すると思うのだけれども。

幼稚園に責任があるわけではないとは思う。
園の外で、保護監督下での事ではない訳だし。

誰一人救われない。

園児・保護者・教諭・関わる全ての人の人生に、どのような影響が出てくるのだろう。






メイン
・一つ古い記事: ハロゲンヒーターの寿命が想像していたより短かった件について
・一つ新しい記事: 呪文

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/722

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: ハロゲンヒーターの寿命が想像していたより短かった件について
・一つ新しい記事: 呪文