[次世代な香りのフィジコン]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

次世代な香りのフィジコン

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

次世代な香りのフィジコン

2006年04月21日| Music[音楽]|

JazzMutant

フランスJazzMutant社によって開発されたコンピュータ音楽用のインタフェイスLEMUR (レミュア。

 自前でフィジコン起こそうとすると、コントローラとなるパーツ・センサを基盤に組み込み、シャーシにはめ込み、PICやH8等マイコンにプログラムを書き込みetcという手順が考えられたけれども、LEMURだと、タッチスクリーン上にコントローラをデザインしたりということでそれが可能になる。

 エディタ開いてソースを書いたりとかじゃない、エレガントなオーサリングツールでデザインし実装が可能らしい。本体のファームウェアアップグレードでさらに機能の追加発展なんて夢も広がる。

 これまでのフィジコンが与えられた操作子に割り当てられたコマンドをカスタマイズできるところまで進んだ次の方向が、LEMURなのかもしれない。

 自由度が高すぎても普及しづらい気もするけれど。

 ちなみに、タッチスクリーンパネルにコントローラをデザインできるということは、時間軸などで自ら変化していくなんて物体としては存在しえない操作子ができるかもしれない。それで何ができるのかわからんけど。んでMacOSXのQuartz Composerなんかと組み合わせるとどんなことになるんだろうとか、妄想は尽きない。

 市販品が出ても金が無くて買えないけどね。


LEMUR (JazzMutant):
http://www.jazzmutant.com/lemur_overview.php
LEMUR ワークショップ&コンサート
http://www.media.t-kougei.ac.jp/~horio/event/lab03/
LEMURレビュー (by Nao Tokui)
http://www.traksy.com/protech/2005/02/000098.php
http://www.traksy.com/protech/2005/05/000341.php






メイン
・一つ古い記事: 彼氏という生き物は存在しているのか?
・一つ新しい記事: エロ本如きで

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/754

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: 彼氏という生き物は存在しているのか?
・一つ新しい記事: エロ本如きで