[KDDIとGoogleの業務提携]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

KDDIとGoogleの業務提携

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

KDDIとGoogleの業務提携

2006年05月19日| EC[通販等]|

KDDI 会社情報: ニュースリリース > KDDIとGoogleの業務提携について

 KDDIとGoogleが業務提携するという。

 5/18付けのKDDIニュースリリースによれば、7月より、KDDIが提供するau携帯電話のインターネットサービス「EZweb」において、日本で初めてGoogleの検索エンジンを採用し、モバイル向けコンテンツとPC向けコンテンツを統合した検索サービスの提供との事。

 これは何を意味するか。

 携帯でサイト閲覧するに際して、「検索」という手段はあまり重視されていないという認識があったように思う。公式メニューからのリンクや、プレゼントキャンペーンやお友達紹介キャンペーンなどのメールマーケティングによる会員囲い込み等が主だったところではないだろうか。そこへ「検索」することによってこんなメリットがありますよと、ディレクトリ型からロボット型へと緩やかな変貌を遂げようというのだろうか?もちろん今までも検索機能はあったのだけれども。

 今回の提携により、これからますます活発化するであろう携帯サイトをチャンネルとするビジネスの背中を押す効果があると信じたい。検索をすることで上位に表示されるのがPCの検索結果でなされているようにgoogleアドセンスのモバイル版となることは容易に想像できる。これによりモバイル媒体への広告利用はより敷居が低くなるだろう。

 AUの公式コンテンツは優遇されるだろう。勝手サイトと公式コンテンツを比べればどう考えたってgoogleランクは公式コンテンツのほうが上位にあることは容易に想像できるだろう。
 これにより、AUショッピングなどの物販系も売りができる。

 勝手サイトにしても、googleとの業務提携により、googleサイトマップのモバイル版を活用することでよりサイトのページをボットにクロールされやすくなる期待を持つことができるだろう。

 そしてAUは「検索」という行動が定着する事によってサイトのページ閲覧数の増加が期待できる。つい先日までパケット定額制を利用しているにもかかわらずパケ代が弐万とかしゃれにならんことになってたが、AUwinシリーズに機種変更したことでぐぐぐぐぐっと安くなった。それでも、W定額制という料金体系ならばパケットの増加に伴い定額制プランの底上げが進むことが予想される。
 (AUwinシリーズでは学割が効かず学割とW定額の共存ができなかった記憶があるのだけれども、その後料金体系は変わったのだろうか?学割を利用するターゲットこそパケット定額制の恩恵をうけるとおもうのだけれども。

■Googleの携帯サイト業界への進出に伴い、携帯サイトの人の流れに変化がおきるのかこれから非常に興味深い。






メイン
・一つ古い記事: 休みだ、がんばるぞー
・一つ新しい記事: 通信簿……。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/787

この一覧は、次のエントリーを参照しています: KDDIとGoogleの業務提携:

» auとgoogleとの提携で始まるケータイのSEO対策 from 「iモード」溜池のためいき
 一部のメディアにauとgoogleと提携したことで、公式サイトと勝手サイトの垣根がなくなり、公式サイトがダメージを受けるという話が書いてある。auの場合... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: 休みだ、がんばるぞー
・一つ新しい記事: 通信簿……。