[空気読めてない?「フリーター」は職業か否か]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

空気読めてない?「フリーター」は職業か否か

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

空気読めてない?「フリーター」は職業か否か

2006年06月17日| Education[教育]|

イザ!:【コラム・断】「フリーター」は職業か?-コラむニュース

 「フリーター」は職業か?とのコラムだけれど、これはフリーターを認める認めないが主題なのか?それとも言葉の定義の話なのか?主要な論点はどこにあるのだろう?コラムの「言葉の乱れは精神の乱れではないのか」という締めの言葉を見るにはフリーターの是非について考察するコラムではないような気がする。バイトは職業か?って言われりゃ違うだろうが無職じゃない。コラムニストの他のコラムを参照すると言葉に対して真摯に向き合っておられる方の様なのでその方向で結論から言おう。(そのわりには「訊く」が漢字で「かんじる」、「いちばん」、「たとえ」など教育漢字が仮名表記なのは誤植?それとも狙い?)

 結論:会話はTPOに応じてなされます。

 結論の補足:職業は何か?に対して求めてる答えが返ってこないのは会話を発展させたくないという無言の意思ではないのか?もしくは空気読めてないだけか。

 例を挙げよう、
CASE 1
 Aさん:「趣味ナニ?」
 Bさん:「パソコン」
 Aさん:「ふーん」

CASE 2
 Aさん:「仕事終わったら帰宅して何してます?」
 Bさん:「TV見てます」
 Aさん:「ふーん」

  CASE1のばあい、パソコン自体が趣味の人ってどんだけいる?パソコンでできることはイロイロあるけど、「DTMが趣味で最近はDAWからMODを」とか「暇さえあればGPLのソース集めて回ってます」なんて会話にならないだろう。言われたらヒク。いや俺は食らいつくかも知れんけど。

  CASE2のばあい、「TV見てる」っていうけど見てるのは番組ですね。連ドラ見てるのか撮り溜めたビデオやDVDみてるのか会話が発展するのは場の空気次第だろう。

  そう考えると、言葉の乱れだとか憤慨しながら、定職にもつかずにブラブラするなと苦言を呈し親の顔が見たいと言いはじめるのは、若いもんと会話ができないと居酒屋でつぶやいている、そんなとこだろうか。

「フリーター」は職業か否かに論じるならば 職業とはなにか?を提示もしくは共通認識を提示しなければなら無いと思うが文脈にそれは見られない。

 職業とはなにか?

 なんだか哲学的な問いだけれど、公的な文書・調査で用いる言葉にはその定義が求められるはずだから、どこかに「職業」の「定義」はあるはずだ。それが倫理的、道徳的、社会的な意味での職業とは?という答えにはならないだろうが、少なくとも考えるヒントにはなるだろう。


下記は補足資料と雑感


一般原則

 総務省統計局の日本標準職業分類にある職業の定義によれば職業分類にいう職業とは、個人が継続的に行い、かつ、収入を伴う仕事とある。

 継続性とは

  (1) 毎日・毎週・毎月等の周期を持って行われている。
  (2) 季節的に行われている。
  (3) 明瞭な周期を持たないが続けて行われている。
  (4) 現に従事している仕事を引き続きそのまま行う意志と可能性がある。

収入を伴う仕事とは

現金、現物、また名目の如何を問わず、賃金・給料・利潤(個人業主)・その他の報酬を伴うか、収入を得ることを目的とする社会的に有用な仕事

 また職業としない条件も挙げられている

  仕事をしないでも収入がある場合は、職業に従事していることにはならず、また、仕事をしていても収入を伴わない場合は、この職業分類では、これを職業としない。

たとえば


(1) 利子・株式配当・家賃・間代・小作料・権利金などの財産収入を得ている場合
 (ただし、アパート経営・貸金などを業として営んでいると判断される場合は、それを職業とみなす。)

 
 無職(株主)とか、無職(マンションオーナー)、無職(地主)とか存在可能なわけですね。
 

(4) 競馬・競輪・競艇・パチンコなどの配当又は商品を得ている場合

 無職(パチプロ)とか

(6) 自己所有の株券などの売買差益により収入を得ている場合

 無職(デイトレ)とか

結構、具体的に記載されている。

 さらに別項統計表で用いられる用語,分類の解説4では

 職業とは,就業者について,調査週間中,その人が実際に従事していた仕事の種類(調査週間
中「仕事を休んでいた人」については,その人がふだん実際に従事していた仕事の種類)によっ
て分類したものをいいます。

とのこと。
 雇用形態のことじゃないよと。
 職業分類の小分類には「会社役員」とかあったりするんですね。そういや、会社役員も社長業も複数の会社を兼任できるし、社長であっても雇われ社長ってことも想定できるか。社員(法律でいうところの)に雇われる社長。よそからつれてきたりするしね。

下記のリンク先で、大分類から順に小分類までたどっていくことができる。
職業分類から探そう - Job Job World
(ここみると小分類まで一覧になってる職業別表

 家事手伝は大分類[サービスの職業]-中分類[家庭生活支援サービスの職業]-小分類[家政婦(夫)、家事手伝]-細分類[家事手伝]ってことらしい。
 コラムニストは[評論家]もしくは[他に分類されない文芸家、著述家]って部分かな。
 分類をたどっていくと、大分類でがっつりと分かれちゃうので、小さな出版社で文筆業をしながら社長業を行ってる人とかはどちらに分類されるんだろうね。個人がどちらを本業と思っているか、どちらが占有時間が多いか、収入の主従とかで適宜判断するんだろうけれども。
 (もっとも、継続的に行い、かつ、収入を伴うを満たさなければ無職なのだが)

 こんだけ文字を並べると、職業とは何かってのがなんとなく判ったような気になってきたけれど、バイトってのは職業じゃないなと、何かといえば雇用形態だよねと。下請けとか、契約社員とか、派遣とかのくくりで語るべきだと。
 冒頭のコラムニストはフリーター=無職って方向でまとめてるけれど、雇用されていれば無職じゃないよねー。もっとも、窃盗・詐欺など非合法行為であれば元締めに雇用されていたとしても無職だけれど。
 フリーター=無職ってことにするなら、日本の失業率はガツンと上がるわけで、それこそ精神論や家庭の教育とか言う前に、政府の無策を論じなきゃならなくなる。海外では失業率算出にバイト=無職で上げてるところもあったように記憶している。ソース無いけど。
 
 雇用されて報酬が発生する時点で税金が発生しないことってあるの?
 バイトに支払う給与ってそのあたり考えながら設定するし、収入が少なけりゃ納税すべき基準まで達していないというだけで非難される筋合いはないよね。バイトいないといろんな物価がガツンと上昇するか、正社員の給与が下がるか、どちらかといえば後者だろうね。

 冒頭のコラムから読み取ったのは精神論に着地点を持っていくって難しいねってことと、制限された文字数内でまとめようとして破綻したのかなぁと。


 あ、あと、儲けすぎても非難されるし、稼ぎが少なくても非難されるということかorz


 あ、ちなみに俺が面接するときは、職歴の雇用形態がバイトであろうとも内容とか聞くよ?バイトであろうと仕事から学ぶことってあると思ってるから。

 と、全力で釣られてみた。

   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


名前で検索していくつかのコラムを読んだけれども、執筆の時間無いのかな?脊髄反射で書いてるんじゃないかと思うくらい浅く感じます。やっぱり文字数制限で極限まで削ってるからなのかなぁ。





メイン
・一つ古い記事: ピカチュウに似た配色のキャラ (楽天でUMO販売中……
・一つ新しい記事: ブラピのブログ ガンバレ超バンガレ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/832

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: ピカチュウに似た配色のキャラ (楽天でUMO販売中……
・一つ新しい記事: ブラピのブログ ガンバレ超バンガレ