[事実は小説よりも劇画調]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

事実は小説よりも劇画調

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

事実は小説よりも劇画調

2006年09月20日| Memo[メモ]|


事実は小説よりも劇画調という風味なニュースをフタツ。
ゴルゴが絡んできても違和感がありません……。

ZAKZAK

15年前に殺害した組長の墓前で元組員、拳銃自殺

 19日午前10時40分ごろ、横浜市南区三春台の寺院「蓮花院」の墓地で、男性が頭から血を流して死亡しているのを墓参りの女性が見つけ、110番した。

 南署の調べでは、男性は指定暴力団稲川会系の元組員(58)で、近くに落ちていた拳銃で自殺したらしい。元組員は1991年に横浜市のスナックで、所属していた組の組長=当時(47)=を拳銃で射殺。殺人罪で服役し、約2年前に出所しており、自殺したのは組長の墓前だった。

 元組員はあぐらを組み、墓にもたれ掛かるように倒れ、ズボンのポケットに「1人の生命を奪った。死に場所を探していた」と、寺の住職にあてた遺書があったという。

ZAKZAK


ムショ行けば離婚有利にと妻、夫の定期入れに大麻入れ

 離婚交渉を有利に進めるため、大麻を夫の定期入れに入れて夫を逮捕させようとしたとして、大阪府警泉北署は19日、大麻取締法違反(所持)の疑いで堺市中区の自営業の女(32)を書類送検した。

 調べでは、女は8月23日未明、知人からもらった大麻片約0.2グラムを自宅で所持した疑い。

 同日午後5時半ごろ、泉北署に「定期入れにマリフアナを入れた男を見つけた。駅のホームにいる」と匿名の電話があり、同署員が女の夫の郵便局員(42)を職務質問、定期入れに入った大麻を見つけた。署員が女からも事情を聴いたところ、大麻を入れたことを認めた。

 女は調べに対し「離婚したかったが借金があり、子どもの親権を取られると思った。夫が刑務所に行けば親権が取れると思った」と供述しているという。







メイン
・一つ古い記事: 前立腺の友
・一つ新しい記事: 虚偽表示

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/983

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: 前立腺の友
・一つ新しい記事: 虚偽表示