そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2008年02月06日| Choice[人気記事], Education[教育]

時事通信出版局|教育関連ニュース アーカイブ

2008年01月24日17時41分 ●特別支援教育員、地域で格差=文科省集計  文部科学省は、発達障害などがある児童・生徒らの学校生活を支援する「特別支援教育支援員」の2007年7月時点の配置状況をまとめた。最も多い東京都では、公立小中学校数1959校に対し支援員2818人が配置されている。それに対し、鹿児島県は同868校で31人、高知県は同434校で36人と地域差が浮き彫りになった。  同支援員は、障害を抱える児童・生徒の学校生活上必要な補助に加え、学習障害(LD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)といった発達障害がある児童・生徒の学習支援や安全確保などを行う。特に、発達障害へのサポートを求める声は強く、政府は07年度から同支援員配置に対する地方財政措置を始めた。  07年度は支援員2万1000人分となる約250億円が措置され、08年度は同3万人分約360億円の措置が決まっている。3万人は全公立小中学校に1人ずつ支援員を配置できる規模。同省は「障害を持つ児童・生徒の人数や財政力など、各学校、地域によって事情は異なるが、各学校に1人は配置してほしい」(特別支援教育課)と強く求めている。  同省の調査によると、地財措置が開始される前の06年5月時点で、全国の特別支援教育支援員は計1万8200人だった。これが07年7月時点では、計2万2602人に増加。  都道府県別に見ると、東京のほか、神奈川(公立小中学校1284校で支援員1977人)、新潟(805校で959人)、岐阜(578校で647人)、三重(610校で760人)、兵庫(1176校で1597人)、岡山(596校で626人)が学校数よりも多い人数を配置している。  一方、高知は、地財措置が始まっても配置数は全く増えておらず、鹿児島も06年に比べ07年は5人しか増えていない。そのほか、4、5校に1人程度の計算となる配置の少ない県は、青森(549校で128人)、山形(473校で115人)、和歌山(443校で99人)、鳥取(224校で51人)、大分(496校で103人)などとなっていた。(了)

各県にわずかしか存在しないプロフェッショナルな存在の指導員かと思いきや……。

07年度は支援員2万1000人分となる約250億円が措置され、08年度は同3万人分約360億円の措置が決まっている


支援員2万1000人分となる約250億円
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
一人分119万円って……。

コンビニでバイトしたほうが生活できそうな気がします……。

机上の座学ではなく、実地での経験・積み重ねが糧となる業務だと私は感じたのですが、1人あたり119万円というのが補助金であり、給与の一部であるなら理解できますが、給与の全額、ましてはそこから税金その他差し引かれるなら、生業とする職業とはしづらいのではないでしょうか?

もしかして、ボランティアの延長であって、専門職ではないのかもしれません。

データや情報に気づき次第、追いかけてみます。

とりあえずは、公立小中学校における特別支援教育支援員(介助員及び学習支援員等)の活用状況についてグラフ化してみます。

支援員の赴任している学校数が把握できなかったため、全学校数と、支援員数の対比という円グラフになっていますが、格差が出ているのはみてとれます。
ここまで格差が出ているとは思わなかった。
都道府県ごとの教育費や予算、児童生徒数に対する割合での切り口も気になります。

特別支援教育支援員はどうやって生活してるのですか?の続きを読む "特別支援教育支援員はどうやって生活してるのですか?" »