そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2008年02月26日| Choice[人気記事], Medical[医療]

出産難民 - wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
出産難民(しゅっさんなんみん)、お産難民 (おさんなんみん) は、産科医や小児科医の減少に伴い顕在化した、病院出産を希望しながらも希望する地域に適当な出産施設がない、あるいは施設はあっても分娩予約が一杯で受け付けてもらえない妊婦の境遇を、行き場を失った難民になぞらえた言葉である。故意に妊娠中に産科や産院へ(定期的に)受診しない野良妊婦たちのことは示さない。

なんとなく気になってタウンページでひいてみた。
とりあえず、
東京都で産科 218 産婦人科 677
北海道で産科 99 産婦人科 216
鹿児島県で産科 58 産婦人科 99
と出てきた。
出てきた数字からはなにも判断できない。
電話帳リスト件数では「産科」「産婦人科」両方に掲載している重複があるだろうし、このうち分娩を扱っている病院を抽出することもできない。
タウンページに掲載してないってケースもあるだろうし、看板下ろしたけど掲載されたままってケースもあるかもしれない。
リストを出すことで何か見えてくるものがあるかもしれないし、都道府県ごとの分布割合くらいは人口から引っ張ってくればざっくりとした数字は見えてくるだろう。
そのうえで世帯で切りなおすとか、リストをもとに分娩を扱ってる産科を拾い上げなおすとかの順番だろうか。どっかで分娩一覧のリストがあれば参考になるんだけれども。
各都道府県庁のサイト内で「分娩」をキーワードに検索をするとpdf文書が出てきたりするので地道にしてみるか。


とりあえず、タウンページの「産科」での登録リストをつくって同一住所になっている項目を排除してユニークなデータのみをカウントすることにしてみる。

産科・産婦人科のタウンページ掲載件数の続きを読む "産科・産婦人科のタウンページ掲載件数" »