そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2008年04月07日| Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンのブログに出ておられた中西知子さんについて調べてみた。
 (ちなみに私、親戚・知人ががんの手術を経験していたり、亡くなっていたりと、自分としてはがんの話は人ごとじゃない。身の回りにがんで亡くなった家族・知人を持たない人ってどれくらいいるのだろうか?)

さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスブログが順調に燃え上がってる件について : そのときハートは盗まれた
の続きです。


まず、ピンクリボンの組織図は朝日新聞のサイト内にありました。
asahi.com:朝日新聞ピンクリボン運動


で、コメントににぎわいを見せているブログを書いていたのはここの事務局の方のようです。
中西さんというようで。
中西知子

profile ピンクリボン・フェスティバル・プロデューサー。 朝日新聞社に勤める中西さんは、乳がんの早期発見の大切さを伝える活動に3年前から取り組んでいます。

<ピンクリボンとは>
ピンクリボンは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の重要性を訴えるシンボルマークです。
ピンクリボン運動は、8人に1人が乳がんを患うといわれている米国で80年代から盛んになりました。乳がんは、早期発見により高い確率で治るがんであり、日々の生活で意識し、検診を受けることが大切です。そこで、乳がん月間である10月に、様々な団体や企業が協力し、各地でピンクリボン・フェスティバルを開催しています。


 上記は2004年10月に作られたページのようですので、その時点で既に3年間取り組んできた実績があるようです。
 件の話題になっている雑誌は2008年4月号です。
 かなり長い年数取り組まれておられますので、乳がんという病気のことについても、それなりに詳しい方なのだろうと推察されます。役所の方とかは数年ごとに移動がありますから、医師や研究員、医療機器メーカー、製薬会社など以外で、これだけ長い期間乳がんを職業として携わる機会のある方というのはそう多くはないのではないでしょうか。


「ピンクリボンフェスティバル」の取材レポートをピンクのクマがしていました。
 ピンクリボン:モモ妹、PRESS腕章が入りません。:So-net blog

この間、朝日新聞社事業本部に伺って、 ピンクリボンフェスティバル事務局の中西知子さんに お話を聞いてきました。

事務局は朝日新聞社内にあるようです。
iタウンページで調べてみると、確かに朝日新聞社に事業本部というのがあるようです。
iタウンページ詳細情報
しかも、道路向かいは国立がんセンター

立地的にも申し分ないです。

ピンクのクマの取材では

中西さんは超美人なうえに、仕事ができる大人の女性
という感じでとってもステキでした♪

らしいです。


 

中西知子さんについて調べてみたの続きを読む "中西知子さんについて調べてみた" »

| Memo[メモ]

朝から選挙カーが走り回ってますが今回の鹿児島市議選に外山 恒一 氏が出馬してる件。


ザ・選挙 -選挙情報-

鹿児島市議会議員選挙の候補者一覧に「外山 恒一 ストリート・ミュージシャン(路上演奏家)」の文字発見。

鹿児島生まれだったからもしかしてなんて思って告示確認したら名前見つけてコシぬかしそうになった


議席50に出馬58。

目立った争点もなく、投票率低いと予想されてるので供託金の没収は免れるんじゃないかな。

いや、鹿児島の土地柄を考えればやっぱ無理かな?

ちなみに東京では供託金300万没収、熊本では30万返還だったそうです。


選挙カーからアナーキーインザユーケー聞いたらまた報告します


| Memo[メモ]

鹿児島県警提供の県警あんしんめーるというのを受信しているのですが、先日こんな事案が報告されました。

《曽於市で公然わいせつ事案》【男の特徴】20~30歳位,160?位,中肉,白色スクーター使用【日時】4/2(水)午後2~4時頃【場所】末吉町二之方の公園付近【内容】公園で遊んでいた小学生女児2名が,男から「子犬がいなくなったので一緒に探して」と声をかけられ1時間程探した後,男がズボンのチャックを開け「こうすると犬が戻って来るんだよ」と下半身を露出した事案。

1時間程探した挙句にこの行動……。

「こうすると犬が戻って来るんだよ」ってどんなしつけしてるんですか。

むしろ犬が出てきて「がぶり」とすればよかったのに。