そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2008年04月11日| Site[サイト]

非営利組織情報公開サイト ガイドスターは、米内国歳入庁(IRS)に登録されているあらゆるNPO(非営利組織)の収支、役員データなどの開示情報をデータベース化し、キーワードで検索できるサイトです。
非営利組織情報公開サイト ガイドスター GuideStar(GuideStar nonprofit reports and Forms 990 for donors, grantmakers and businesses)


試しに「乳がん」を検索してみると、GuideStar - Search Results

1,694 organizations foundって出てきました。


The Breast Cancer Research Foundation, Inc.

Take a look at the future ... See our beta report >
New York, NY 10022

Y-ME NATIONAL BREAST CANCER ORGANIZATION INC

Take a look at the future ... See our beta report >
Chicago, IL 60607

Susan G. Komen Breast Cancer Foundation, Inc., National Office

Take a look at the future ... See our beta report >
Dallas, TX 75244

National Breast Cancer Foundation, Inc.

Take a look at the future ... See our beta report >
Frisco, TX 75034

National Breast Cancer Coalition Fund

Take a look at the future ... See our beta report >
Washington, DC 20036

Breast Cancer Fund

Take a look at the future ... See our beta report >
San Francisco, CA 94109

Breast Cancer Prevention Fund

Take a look at the future ... See our beta report >
Everett, WA 98206


ためしに上からいくつか順番に確認して見ますと、

・The Breast Cancer Research Foundation, Inc.
http://www.bcrfcure.org/


・Y-ME NATIONAL BREAST CANCER ORGANIZATION INC
http://www.y-me.org/


・Susan G. Komen Breast Cancer Foundation, Inc., National Office
http://ww3.komen.org/home/


各団体の収支などは上のサイトにログインして支払いを行うことで確認することができるようです。
自分が納得できる団体へ寄付を送る、そのための判断を行う助けが有料サービスとして提供されるという発想自体、日本では出てきそうにありません。


まずは、各団体の収支報告をどこで閲覧できるのかを知ることからでしょうか。


JCIE | GuideStar バズ・シュミット氏来日セミナーによれば、

ガイドスター誕生の背景と目的
米国の非営利セクター全体の財源の2割を占める寄付収入の内訳を見てみると、個人寄付が77%、助成財団からの助成金10%、企業寄付5%、遺産8%と、個人寄付が圧倒的に大部分を占めている。非営利セクターは慈善寄付を引きつける巨大なマーケットであると言って良いだろう。しかし、巨大であるにもかかわらず、一般のドナー(寄付者)が入手できる情報が不足している。情報がなければドナーが確信をもって賢く寄付対象を決めることはできないし、NPOにとっても低コストで寄付を集めることができない。ガイドスターのミッションは、情報を通じて、非営利活動に“革命を起こす”ことにある。情報公開が進めば、ドナーはより適切に寄付先を決定できるようになるし、非営利組織の側も透明性とアカウンタビリティを高め、かつ資金調達にかかるコストの軽減にもつながる。非営利セクターにこうした適正かつ効率的な資源の配分が実現するためにガイドスターは創設された。

ガイドスターとは、フィランソロピック・リサーチ(Philanthropic Research, Inc.)がウェブサイト上で運営するデータベースである。IRS(米国内国歳入庁)<注:日本の国税庁にあたる>の協力を得て、全米の非営利組織からIRSに提出されている税務申告などの情報をもとに、およそ95万の非営利組織の事業内容や財政状況を集約しホームページで公開している。

基本となる情報は、ウェブサイト上で無料で自由に検索できる。各団体の目的、事業の概要、昨年度の事業成果と今年の目標、財政状況、理事会、税務申告書“Form 990"が掲載されている。Form 990はPDFファイル画像になっているので現物の写しを見ることができる。各団体のページが、あたかもその団体のミニ・ウェブサイトになっている、と想像していただければわかりやすいだろう。検索は、団体名はもちろんのこと、キーワード、地域、活動分野、組織形態、財政規模、税法上の分類コード(NTEE)で検索することができるようになっている

情報の集約は、IRSとの提携関係が基本になっている。米国では、年間収入が2万5千ドル以上の非営利組織はIRSに納税申告書“フォーム990”を出すことが義務づけられており、現在これに該当する団体が毎年約25万ある。このフォーム990をIRS がTIFFファイルにスキャンしてガイドスターに送り、ガイドスターはそれをPDFファイル化して画像をウェブサイト上に掲載するとともに、デジタル化してデータベースに利用している。ガイドスターでは、1997年から2001年までの5年間で計845,000の申告書を処理した。


ありえんほどのスケールの大きさ。
該当する団体が毎年約25万から送られた画像をPDF化してサイトに掲載。
しかも1997年から活動開始しているようで、日本でこれと同じようなことが起きないのは、日本の文化にそぐわないからなのか、コストかかりすぎるのか。


非営利組織情報公開サイト ガイドスター GuideStarの続きを読む "非営利組織情報公開サイト ガイドスター GuideStar" »