[ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ペコ ]さんのコメント]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ペコ ]さんのコメント

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ペコ ]さんのコメント

2008年05月15日| Medical[医療], Site[サイト], 消されたコメント保管庫|

私は去年、早期の乳がんで全摘手術を受け、片方の胸を失いました。 乳がんの早期発見を訴えることは、私の望みでもありますが、 肝心の乳がん患者が、「セミヌード写真」を見て、 失った片胸のふくらみを思い出し、傷口を眺めて涙しているようでは、 何のためのピンクリボン運動なのか、わかりません・・・。 なぜ、「早期発見」を促すキャンペーンに、 芸能人のセミヌード写真を使わなければいけなかったのかが理解できません。 他にも手段はいっぱいあるのではないかと思います。 失礼ですが、ピンクリボンキャンペーンも、この「セミヌード写真」 につして、何か絡んでいらっしゃるのでしょうか? だとしたら、あまりにも、実際に苦しんでいる患者のことを 知らなさすぎる・・・。 それとも、実は「ピンクリボン」という名を借りての、 単なる営利活動なのでしょうか? ぜひ、ご回答いただければと思います。 2008/3/8(土) 午後 5:12 [ ペコ ]
ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ペコ ]さんのコメント url:http://blogs.yahoo.co.jp/pinkribbon_fes/52213024.html タイトル:「女性誌」に投稿されたコメント

上記は、ピンクリボンフェスティバルブログの下記内容へのコメントです。
(下記内容は、コメントされた後にピンクリボンフェスティバル事務局により変更・修正されている場合があります)

タイトル:女性誌 2008年3月7日

今日、グラマラスを購入!
乳がん撲滅チャリティとして、カメラマンの蜷川氏が撮影した女性モデル、タレント10人のセミヌード写真が袋とじされています。売り上げの一部が、日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」などに寄付されます。

さすがに、有名人が関わると華やかですね。(写真はとても綺麗でした!)

様々な方法で、乳がんに対して人の意識が向いていけばいいと思いました。






メイン
・一つ古い記事: ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ 患者会代表 ]さんのコメント
・一つ新しい記事: ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ちえぴあ ]さんのコメント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1188

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ 患者会代表 ]さんのコメント
・一つ新しい記事: ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ちえぴあ ]さんのコメント