[ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ aki ]さんのコメント]

そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ aki ]さんのコメント

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう、あの日の笑顔を、あの日の気持ちを

ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ aki ]さんのコメント

2008年05月15日| Medical[医療], Site[サイト], 消されたコメント保管庫|

私も乳がん患者です。患者仲間、もの凄く多いです。その大多数が怒っています。乳がん患者じゃない方からも、こんなメールを頂きました。 「この写真家も女優もタレントも雑誌の編集者も、想像力ってないの?こんだけたくさんの女性人口が罹患して現在、いろんな社会的・経済的・身体的・精神的苦しみや辛さ、理不尽な悔しさを抱えて治療しつつあるのに。メディアに露出するなら想像力を働かせてみてよと言いたい。 早期発見・早期治療でも100パーセント治癒ではない現状を知らないではすまされないでしょう。露出する以上は知っていて当然。 腹立たしくて恐ろしいです。」 このように、患者でない人すら、想像力のある多くの女性・男性が怒っています。正確な情報の周知徹底こそ望むし、乳腺に張りのある閉経前の乳房では、マンモと同時にエコーが必須って言う、常識!も伝えないと。閉経前こそマンモで見落とされがちです。早期発見=治癒なんていう非常識や迷信は、ある程度知識を得れば、患者は誰も信じてないです。正確な患者目線の情報をこそ、きれいごとではなく、必須だと思う次第です。営利目的か売名行為化としか、患者や家族は思えません。 2008/3/8(土) 午後 6:44 [ aki ]
ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ aki ]さんのコメント url:http://blogs.yahoo.co.jp/pinkribbon_fes/52213024.html タイトル:「女性誌」に投稿されたコメント

上記は、ピンクリボンフェスティバルブログの下記内容へのコメントです。
(下記内容は、コメントされた後にピンクリボンフェスティバル事務局により変更・修正されている場合があります)

タイトル:女性誌 2008年3月7日

今日、グラマラスを購入!
乳がん撲滅チャリティとして、カメラマンの蜷川氏が撮影した女性モデル、タレント10人のセミヌード写真が袋とじされています。売り上げの一部が、日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」などに寄付されます。

さすがに、有名人が関わると華やかですね。(写真はとても綺麗でした!)

様々な方法で、乳がんに対して人の意識が向いていけばいいと思いました。






メイン
・一つ古い記事: ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ちえぴあ ]さんのコメント
・一つ新しい記事: トリンプ恒例行事が海外で紹介されてた

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.omism.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1190

コメントを投稿

メイン
・一つ古い記事: ピンクリボンフェスティバルブログから消された[ ちえぴあ ]さんのコメント
・一つ新しい記事: トリンプ恒例行事が海外で紹介されてた