そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2008年05月28日| Medical[医療], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル, 消されたコメント保管庫


ピンクリボンフェスティバルブログから削除されたコメント

タイトル:「女性誌」に投稿されたコメント



再びコメントさせていただきます。
私は20代終わり頃から熱心に検査を受けてきました。
自己検診で見つけてもマンモには、進行したガンすら移りませんでした。エコーのみはうつりましたが。早期発見のために十数年も、きちんと検査を受け、頑張ってきたのにです。
誤診を何年も経て、ついに初期と言うことで手術。しかし、リンパ節への転移まで。ステージはかなり悪かったです。私は温存術です。全摘する意味がないほど状況は悪く。。。5年生存率60%です。
「以前のハルステッドと比較したら、私はラッキーよ」と、思春期の男女のわが子たちに笑顔で言ってましたが、後に男の子は「女性にとっては、本当に辛いことだよね・・」とつぶやいて慰めてくれ、心を痛めてくれました。
娘は、ふと洗面所ですれ違った私の胸を見て、ショックでひとり涙していました。
2008/3/10(月) 午前 10:37
[ aki ]


文字数オーバーで大事なことが書けず、続きを投稿させてただきます。
手術の翌年、反対側乳房にもガンが。
読影に優れた医師に、サードオピまでとって、マンモで非浸潤癌と明言されました。が、全摘覚悟で徹底的に生検をしたら、なんと乳腺症でした。
実際、マンモの判断で胸を切り落としたあと細胞を調べたら、なんと乳腺症だったという知人もいます。
マンモだけに偏った検診では、不必要な全摘が横行すると危惧します。
「マンモ検診で乳がんを撲滅」、などという安易なメッセージを流布しないで下さい。
2008/3/10(月) 午前 10:39
[ aki ]

上記は、ピンクリボンフェスティバルブログの下記内容へのコメントです。
コメントは削除され、その後ブログは閉鎖しました。
(下記内容は、コメントされた後にピンクリボンフェスティバル事務局により変更・修正されている場合があります)

タイトル:女性誌 2008年3月7日

今日、グラマラスを購入!
乳がん撲滅チャリティとして、カメラマンの蜷川氏が撮影した女性モデル、タレント10人のセミヌード写真が袋とじされています。売り上げの一部が、日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」などに寄付されます。

さすがに、有名人が関わると華やかですね。(写真はとても綺麗でした!)

様々な方法で、乳がんに対して人の意識が向いていけばいいと思いました。

| Medical[医療], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル, 消されたコメント保管庫


ピンクリボンフェスティバルブログから削除されたコメント

タイトル:「女性誌」に投稿されたコメント



私は乳がん患者です。
数年前、手術し、片方の胸はありません。
現在、数箇所に転移し、毎週の抗がん剤治療を受けております。
前向きに生きております。
しかし、悩み落ち込み、出口の見えない苦しさに涙する日も少なくありません。
そんな時に、今回の企画のことをテレビで知り、
ショックと怒り、憤り・・・・
なんとも表現し難い気持ちが溢れました。
配慮が無さ過ぎです。
無知な企画者、モデル、編集・・・カメラマン
全ての方の企画に対する意識の無さ、
デリカシーの無さに、
失望です。
ワイドショーインタビュアーもセミヌードになった方の話題ばかりで
本来の目的であった「乳がん」に関するインタビューも少なかったのでは?
「どこまで脱げるか?」
の質問に笑顔で答えているタレントにも失望。
何のためにヌードになったのか、
当初から頭の中に無いということです。
「撲滅」とはなんでしょうか?
こうやって取り上げられることで、この企画は成功なのでしょうか?
人間性が問われますね。
2008/3/10(月) 午前 9:36
[ アメディオ ]

上記は、ピンクリボンフェスティバルブログの下記内容へのコメントです。
コメントは削除され、その後ブログは閉鎖しました。
(下記内容は、コメントされた後にピンクリボンフェスティバル事務局により変更・修正されている場合があります)

タイトル:女性誌 2008年3月7日

今日、グラマラスを購入!
乳がん撲滅チャリティとして、カメラマンの蜷川氏が撮影した女性モデル、タレント10人のセミヌード写真が袋とじされています。売り上げの一部が、日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」などに寄付されます。

さすがに、有名人が関わると華やかですね。(写真はとても綺麗でした!)

様々な方法で、乳がんに対して人の意識が向いていけばいいと思いました。

| Medical[医療], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル, 消されたコメント保管庫


ピンクリボンフェスティバルブログから削除されたコメント

タイトル:「女性誌」に投稿されたコメント



ひとりの乳がん患者さんには、夫や恋人や息子たちもいます。
彼等に出来ることは、いたわりと理解だけです。
いたわりと理解しようとする努力しかないのです。
この写真はまったく逆行したものであり、患者さんのまわりにいる男性の努力に対しても侮蔑的なメーセージとなっていると思います。
2008/3/10(月) 午前 7:21
[ 庭師A ]

上記は、ピンクリボンフェスティバルブログの下記内容へのコメントです。
コメントは削除され、その後ブログは閉鎖しました。
(下記内容は、コメントされた後にピンクリボンフェスティバル事務局により変更・修正されている場合があります)

タイトル:女性誌 2008年3月7日

今日、グラマラスを購入!
乳がん撲滅チャリティとして、カメラマンの蜷川氏が撮影した女性モデル、タレント10人のセミヌード写真が袋とじされています。売り上げの一部が、日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」などに寄付されます。

さすがに、有名人が関わると華やかですね。(写真はとても綺麗でした!)

様々な方法で、乳がんに対して人の意識が向いていけばいいと思いました。

| Medical[医療], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル, 消されたコメント保管庫


ピンクリボンフェスティバルブログから削除されたコメント

タイトル:「女性誌」に投稿されたコメント



すみません。私のブログにコメントを書き込んでくださった方の言葉を借りて、もう一度発言させてください。
私だって、
「本来なら中島さん達の様にイケてるはずでした。。。。」
こんなことを、患者の口から言わせるような運営は、ピンクリボン事務局として、いかがなものでしょうか。
これだって、泣きながら書いているのですよ!?
私たちの心の傷を、どういう風に思っていらっしゃるのでしょうか。
胸の傷=心の傷です。
温存手術を受けた方でも、胸の傷はそう簡単には癒えないのですよ。
それでも、中島さんや秋吉さんたちのほうが美しいと思っていらっしゃるのでしょうか・・・。
悲しいです。
2008/3/10(月) 午前 1:53
[ ペコ ]

上記は、ピンクリボンフェスティバルブログの下記内容へのコメントです。
コメントは削除され、その後ブログは閉鎖しました。
(下記内容は、コメントされた後にピンクリボンフェスティバル事務局により変更・修正されている場合があります)

タイトル:女性誌 2008年3月7日

今日、グラマラスを購入!
乳がん撲滅チャリティとして、カメラマンの蜷川氏が撮影した女性モデル、タレント10人のセミヌード写真が袋とじされています。売り上げの一部が、日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」などに寄付されます。

さすがに、有名人が関わると華やかですね。(写真はとても綺麗でした!)

様々な方法で、乳がんに対して人の意識が向いていけばいいと思いました。

| Medical[医療], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル, 消されたコメント保管庫


ピンクリボンフェスティバルブログから削除されたコメント

タイトル:「女性誌」に投稿されたコメント



このブログは、書き込んだ人だけでなく、沢山の人が見ています。
ピンクリボン事務局がどのように誠実な対応をされるのか、
継続して見ることと思います。
それだけ、ピンクリボンへの期待や社会的意義は大きいのです。
どうぞ、ピンクリボンの社会的信頼を若干取り戻す機会を、
自らすすんで失われることのなきよう、
心より願う次第です。
2008/3/10(月) 午前 1:31
[ ひまわり ]

上記は、ピンクリボンフェスティバルブログの下記内容へのコメントです。
コメントは削除され、その後ブログは閉鎖しました。
(下記内容は、コメントされた後にピンクリボンフェスティバル事務局により変更・修正されている場合があります)

タイトル:女性誌 2008年3月7日

今日、グラマラスを購入!
乳がん撲滅チャリティとして、カメラマンの蜷川氏が撮影した女性モデル、タレント10人のセミヌード写真が袋とじされています。売り上げの一部が、日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」などに寄付されます。

さすがに、有名人が関わると華やかですね。(写真はとても綺麗でした!)

様々な方法で、乳がんに対して人の意識が向いていけばいいと思いました。

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages