そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2008年04月08日| Choice[人気記事], Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンフェスティバルとは、街と人をコンセプトにした乳がんの早期発見の大切さを伝えるキャンペーンで、現在乳がんと闘っている女性を応援する運動ではありません。


さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスブログが順調に燃え上がってる件について : そのときハートは盗まれた中西知子さんについて調べてみた : そのときハートは盗まれたの続きです。


ピンクリボンフェスティバルのブログにて、「ピンクリボンフェスティバルについて」というエントリーが出ました。ピンクリボンフェスティバルについて - ピンクリボンフェスティバルブログ - Yahoo!ブログ


声明を拝見して感じたのは、

ピンクリボンフェスティバルとは、「罹患する前の健康な女性たちへ向け、定期的に検診を受けるという習慣を作ることで、マンモグラフィーを普及させましょうというキャンペーンであり、今現在闘っている患者は別枠であり、異なる目標である。」というところかなと、読みました。


 言い換えるならば、マーケットを作り、広げていきましょうということか。
市場が形成され、儲かる場とみなされ投資もされれば、予算も取りやすくなるだろうし、結果研究費にも良い影響を与えるかもしれない。
 朝日新聞本社への広告出稿を促進するための事業部(という認識です)だから、経済活動としては正しい姿だと思う。ブランディングとか考えると患者のほうを向いていないことが露呈した今回の事態は、正しい姿とはいえないかもしれないが、ターゲット外の人間にどう思われようと関係ないと判断できる損益分岐点のバランスを見つけたのならば、それも一つの解だろう。

 誰も悪くない。
 早期発見のみを目標としているから、現在闘っている女性たちとその家族、周囲の人間の理解を得られづらいのは仕方のないことだ。闘っている女性たちは自らの命を削って闘っているのだから、納得できないのも立ち位置が異なるのだから当然のことだ。


だとしても

ピンクリボンフェスティバルとはの続きを読む "ピンクリボンフェスティバルとは" »

2008年04月07日| Choice[人気記事], Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンのブログに出ておられた中西知子さんについて調べてみた。
 (ちなみに私、親戚・知人ががんの手術を経験していたり、亡くなっていたりと、自分としてはがんの話は人ごとじゃない。身の回りにがんで亡くなった家族・知人を持たない人ってどれくらいいるのだろうか?)

さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスブログが順調に燃え上がってる件について : そのときハートは盗まれた
の続きです。


まず、ピンクリボンの組織図は朝日新聞のサイト内にありました。
asahi.com:朝日新聞ピンクリボン運動


で、コメントににぎわいを見せているブログを書いていたのはここの事務局の方のようです。
中西さんというようで。
中西知子

profile ピンクリボン・フェスティバル・プロデューサー。 朝日新聞社に勤める中西さんは、乳がんの早期発見の大切さを伝える活動に3年前から取り組んでいます。

<ピンクリボンとは>
ピンクリボンは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の重要性を訴えるシンボルマークです。
ピンクリボン運動は、8人に1人が乳がんを患うといわれている米国で80年代から盛んになりました。乳がんは、早期発見により高い確率で治るがんであり、日々の生活で意識し、検診を受けることが大切です。そこで、乳がん月間である10月に、様々な団体や企業が協力し、各地でピンクリボン・フェスティバルを開催しています。


 上記は2004年10月に作られたページのようですので、その時点で既に3年間取り組んできた実績があるようです。
 件の話題になっている雑誌は2008年4月号です。
 かなり長い年数取り組まれておられますので、乳がんという病気のことについても、それなりに詳しい方なのだろうと推察されます。役所の方とかは数年ごとに移動がありますから、医師や研究員、医療機器メーカー、製薬会社など以外で、これだけ長い期間乳がんを職業として携わる機会のある方というのはそう多くはないのではないでしょうか。


「ピンクリボンフェスティバル」の取材レポートをピンクのクマがしていました。
 ピンクリボン:モモ妹、PRESS腕章が入りません。:So-net blog

この間、朝日新聞社事業本部に伺って、 ピンクリボンフェスティバル事務局の中西知子さんに お話を聞いてきました。

事務局は朝日新聞社内にあるようです。
iタウンページで調べてみると、確かに朝日新聞社に事業本部というのがあるようです。
iタウンページ詳細情報
しかも、道路向かいは国立がんセンター

立地的にも申し分ないです。

ピンクのクマの取材では

中西さんは超美人なうえに、仕事ができる大人の女性
という感じでとってもステキでした♪

らしいです。


 

中西知子さんについて調べてみたの続きを読む "中西知子さんについて調べてみた" »

2008年04月03日| Choice[人気記事], Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンフェスティバルブログに乳がんにかかわっている女性たちがコメントを寄せています。


医と健康のフリーマガジン「Lohas Medical ロハス・メディカル」ブログ: 朝日新聞は対応しないつもりだろうかというエントリーがあがっております。

 そういえば、3月上旬に「ピンクリボン」と講談社の雑誌「グラマラス」創刊3周年特別企画とかで、セミヌード披露してチャリティーだか啓発だかっていう記事を見かけて、ドンビキした記憶がある。
 ドンビキというより、「不愉快」


 ピンクリボンて、あれだよね?

 「乳がん」


 この言葉だけで、ほかになんの説明もいらないと思うんだけども「セミヌード」を絡める必然性があったのかと。話題になったからOK?

 雑誌の想定読者は女性だろうけれども、乳がん患者への配慮は雑誌の収支から考えたら配慮は必要無し?
 言うまでも無いけど、乳がんて、がん発見したら該当の部分を切るわけですよね。
 これから切る人、切った人の事を考えたうえでのセミヌードなのか。
 胸隠すために乳児を抱いた写真は、抗がん剤や放射治療等々を鑑み、子を持つことを断念もしくは計画を変更せざるをえなくなった夫婦がいることを知った上での演出なのか。

 

 そんな事を思い、不快な思いをした記憶があったのですが、案の定……。

 オフィシャルブログらしきものが炎上しております。

 Yahoo!ブログ - ピンクリボンフェスティバルブログ


 
  2008年3月10日の記事を最後に、交信が途絶えております。
  あ、更新ですね。
  コメント欄に寄せられる問い合わせ、電凸に交信途絶してる模様ですのであながち誤りといえないかもしれませんが。

 

さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスティバルブログが順調に燃え上がってる件についての続きを読む "さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスティバルブログが順調に燃え上がってる件について" »

2008年02月26日| Choice[人気記事], Medical[医療]

出産難民 - wikipedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
出産難民(しゅっさんなんみん)、お産難民 (おさんなんみん) は、産科医や小児科医の減少に伴い顕在化した、病院出産を希望しながらも希望する地域に適当な出産施設がない、あるいは施設はあっても分娩予約が一杯で受け付けてもらえない妊婦の境遇を、行き場を失った難民になぞらえた言葉である。故意に妊娠中に産科や産院へ(定期的に)受診しない野良妊婦たちのことは示さない。

なんとなく気になってタウンページでひいてみた。
とりあえず、
東京都で産科 218 産婦人科 677
北海道で産科 99 産婦人科 216
鹿児島県で産科 58 産婦人科 99
と出てきた。
出てきた数字からはなにも判断できない。
電話帳リスト件数では「産科」「産婦人科」両方に掲載している重複があるだろうし、このうち分娩を扱っている病院を抽出することもできない。
タウンページに掲載してないってケースもあるだろうし、看板下ろしたけど掲載されたままってケースもあるかもしれない。
リストを出すことで何か見えてくるものがあるかもしれないし、都道府県ごとの分布割合くらいは人口から引っ張ってくればざっくりとした数字は見えてくるだろう。
そのうえで世帯で切りなおすとか、リストをもとに分娩を扱ってる産科を拾い上げなおすとかの順番だろうか。どっかで分娩一覧のリストがあれば参考になるんだけれども。
各都道府県庁のサイト内で「分娩」をキーワードに検索をするとpdf文書が出てきたりするので地道にしてみるか。


とりあえず、タウンページの「産科」での登録リストをつくって同一住所になっている項目を排除してユニークなデータのみをカウントすることにしてみる。

産科・産婦人科のタウンページ掲載件数の続きを読む "産科・産婦人科のタウンページ掲載件数" »

2008年02月06日| Choice[人気記事], Education[教育]

時事通信出版局|教育関連ニュース アーカイブ

2008年01月24日17時41分 ●特別支援教育員、地域で格差=文科省集計  文部科学省は、発達障害などがある児童・生徒らの学校生活を支援する「特別支援教育支援員」の2007年7月時点の配置状況をまとめた。最も多い東京都では、公立小中学校数1959校に対し支援員2818人が配置されている。それに対し、鹿児島県は同868校で31人、高知県は同434校で36人と地域差が浮き彫りになった。  同支援員は、障害を抱える児童・生徒の学校生活上必要な補助に加え、学習障害(LD)や注意欠陥・多動性障害(ADHD)といった発達障害がある児童・生徒の学習支援や安全確保などを行う。特に、発達障害へのサポートを求める声は強く、政府は07年度から同支援員配置に対する地方財政措置を始めた。  07年度は支援員2万1000人分となる約250億円が措置され、08年度は同3万人分約360億円の措置が決まっている。3万人は全公立小中学校に1人ずつ支援員を配置できる規模。同省は「障害を持つ児童・生徒の人数や財政力など、各学校、地域によって事情は異なるが、各学校に1人は配置してほしい」(特別支援教育課)と強く求めている。  同省の調査によると、地財措置が開始される前の06年5月時点で、全国の特別支援教育支援員は計1万8200人だった。これが07年7月時点では、計2万2602人に増加。  都道府県別に見ると、東京のほか、神奈川(公立小中学校1284校で支援員1977人)、新潟(805校で959人)、岐阜(578校で647人)、三重(610校で760人)、兵庫(1176校で1597人)、岡山(596校で626人)が学校数よりも多い人数を配置している。  一方、高知は、地財措置が始まっても配置数は全く増えておらず、鹿児島も06年に比べ07年は5人しか増えていない。そのほか、4、5校に1人程度の計算となる配置の少ない県は、青森(549校で128人)、山形(473校で115人)、和歌山(443校で99人)、鳥取(224校で51人)、大分(496校で103人)などとなっていた。(了)

各県にわずかしか存在しないプロフェッショナルな存在の指導員かと思いきや……。

07年度は支援員2万1000人分となる約250億円が措置され、08年度は同3万人分約360億円の措置が決まっている


支援員2万1000人分となる約250億円
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
一人分119万円って……。

コンビニでバイトしたほうが生活できそうな気がします……。

机上の座学ではなく、実地での経験・積み重ねが糧となる業務だと私は感じたのですが、1人あたり119万円というのが補助金であり、給与の一部であるなら理解できますが、給与の全額、ましてはそこから税金その他差し引かれるなら、生業とする職業とはしづらいのではないでしょうか?

もしかして、ボランティアの延長であって、専門職ではないのかもしれません。

データや情報に気づき次第、追いかけてみます。

とりあえずは、公立小中学校における特別支援教育支援員(介助員及び学習支援員等)の活用状況についてグラフ化してみます。

支援員の赴任している学校数が把握できなかったため、全学校数と、支援員数の対比という円グラフになっていますが、格差が出ているのはみてとれます。
ここまで格差が出ているとは思わなかった。
都道府県ごとの教育費や予算、児童生徒数に対する割合での切り口も気になります。

特別支援教育支援員はどうやって生活してるのですか?の続きを読む "特別支援教育支援員はどうやって生活してるのですか?" »

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  | All pages