そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2004年10月18日| Diary[日々の覚書]

久しぶりのライブ(フリーマーケット会場にて野音)でした。

ステージに上ってしまえば、ナントカなるもんなのかなぁ、と思った一日でした。

写真は、ステージの上から携帯で撮影。

2004年10月14日| Diary[日々の覚書]

出張の話はまだ続く。

京都は四条の辺りで終日過ごした。

昼食でも取ろうと、すぐ近くでパスタを食べることにした。

とりあえず、ランチパスタを頼むと、店員が一言。

「お一人様分でよろしかったですか?」


……。


私は一人で席に座っているはずですが、何か?

past.jpg

2004年10月13日| Diary[日々の覚書]

ホテルへチェックインした後、食事がまだだったので、近くにオススメの店は無いかフロントで尋ねた。

フロントのお姉さんの答えは簡潔だった。

『無いですね』


……。


店を探しながら、嫁に電話をした。
オススメは無いって言われたことを伝えると、
「ぼうやだからさ」と短く一言。

勝てない。


夜も遅かったしね、お寺の周りだと遅くまで開いてる店は少なかったかもねと自分を納得させ、結局、京都駅近くの居酒屋で食事をとることにした。

「おいしいけど、なんかモノタリナイ」

嫁にメールを送ったら、すぐさま返事が返ってきた。

「うすあじ?」


えーと、素ですか?ぼけですか?


「あなたがいないから」と返信した。


まだまだ、ヤツには勝てそうに無い。

2004年10月12日| Diary[日々の覚書]

先日、出張だったのですよ。

業務の引継ぎをナントカして、久しぶりの出張です。
京都に着きましたら、案の定迷子になったのですが、無事ホテルにたどり着きました。

東本願寺の、丁度裏。

道を間違えたおかげで、東本願寺の塀沿いにぐるっと半周しました。

夜のお寺って、静かですね。

んで、部屋にたどり着きましたら、私、同行者は無く、誰かを呼ぶ予定も無く、一人で予約していたんですが、部屋にはベッドが4台と、ソファーベッドが1台。

広い部屋だなー。

楽しみにしていた「和菓子と抹茶」のサービスは、夜21:00までのサービスということで、残念ながらチェックインの時間が遅くて体験できませんでした。

2004年10月09日| Diary[日々の覚書]

 出張で木曜から関西に滞在してました。
 
 せっかくの連休前の京都だったんですが、
 
 ゆっくりする時間が全く無く残念!
 
 8/9のお昼前に伊丹空港を出発する予定が台風の影響でしょうか?
 
 飛行機が一時間半の遅れで出発でした。

 わたし、ふと思い出したんです……。
 
 飛行機に乗るたび風雨に巻き込まれてるような気がします。
 
 でもそんな事言うと、

 「おのれごときで、天気は変わらん!このナルシスト!」って声が聞こえてきそうなので、
 
  雨男とは名乗らずに置こうか。