そのときハートは盗まれた

オミズムドットコム powerd by.ZEAL Workshop

そのときハートは盗まれた

1.2.3.4!!のカウントで演奏が始まる。
ハートを盗まれた瞬間!!
笑顔とか、しぐさとか、言葉とか。
思い出してみよう。
あのときの気持ちを
あの日の笑顔を

2008年04月10日| Choice[人気記事], Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

乳がんと闘っている女性たちとその家族の間で話題沸騰のピンクリボンフェスティバルブログが、有害サイトに判定されました。

追記ここから:
現在「青少年ネット規制法」が審議されています。これは青少年が閲覧するにふさわしくないと判断されるサイトを規制しようという主旨のものです。技術的にも成熟していないこと、必要な情報が必要な場所へ届かなくなるという影響、海外のサイトに対しては法が及ばない(事実、現行の日本国内法ではgoogleなどの検索サイトが違法という状況が長年続いており、国外に設置されている)こと等の疑問が提起されています。ピンクリボンフェスティバルについて記述してあるサイトの多数が、フィルタリングに阻まれ閲覧できないという可能性を紹介させていただきました。
追記ここまで:

普通に閲覧すると、Yahoo!ブログ - ピンクリボンフェスティバルブログです。
順調にコメントを集めていますね。

こどもに見せたくない内容が含まれているページをフィルタリングしてくれる検索サイト、キッズgoo(http://kids.goo.ne.jp/index.html)ですが、ここで「ピンクリボンフェスティバルブログ」を検索してみましょう。

すると....
キッズgoo「ピンクリボンフェスティバルブログ」検索結果


Yahoo!ブログ - ピンクリボンフェスティバルブログ

事務局スタッフによるブログです。 (ピンクリボン 乳がん pinkribbon) Yahoo! JAPAN - ピンクリボンキャンペーン2007

ピンクリボンオフィシャルブログ. ピンクリボンフェスティバル運営委員会事務局が送る オフィシャルブログ。 多くのコメント. 2008年3月10日多く ... Yahoo!ブログ, Yahoo!ブログ. - 乳がんに関連したブログを見る. Yahoo!ブックス, Yahoo!ブックス ... ピンクリボンフェスティバル報告会 - gooピンクリボンキャンペーン ...

14 Dec 2007 ... 余命1ヶ月の花嫁 2007/09/07~10/07 (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組) ... 昨日は、朝日新聞社さんで今年のピンクリボン フェスティバルの報告会があり、参加している企業の方々が集まって ... ピンクリボンフェスティバル記者会見 - gooピンクリボンキャンペーン ...

余命1ヶ月の花嫁 2007/09/07~10/07 (最新キーワードの情報収集・動画ブログ 第二倉庫 ドラマ・映画・TVとラジオ番組) ... 昨日、都庁都民ホールで行われたにてピンク リボンフェスティバルの記者会見と点灯式に参加してきました。 ... 兵庫と神戸の写真ブログ: 神戸ピンクリボンフェスティバル2006/神戸 ...

神戸観光壁紙写真集はここをクリック!! このブログは主に兵庫県と神戸の情報を写真で お伝えするブログです ... ピンクリボンフェスティバルは乳がんの早期発見・早期診断・ 早期治療の大切さを伝える運動です。 勤めている会社がピンクリボン運動やメトボ ...

検索結果は表示されました。


 が、リンク先を見ようとすると……。

ピンクリボンフェスティバルブログが有害サイトに判定されたの続きを読む "ピンクリボンフェスティバルブログが有害サイトに判定された" »

2008年04月08日| Choice[人気記事], Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンフェスティバルとは、街と人をコンセプトにした乳がんの早期発見の大切さを伝えるキャンペーンで、現在乳がんと闘っている女性を応援する運動ではありません。


さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスブログが順調に燃え上がってる件について : そのときハートは盗まれた中西知子さんについて調べてみた : そのときハートは盗まれたの続きです。


ピンクリボンフェスティバルのブログにて、「ピンクリボンフェスティバルについて」というエントリーが出ました。ピンクリボンフェスティバルについて - ピンクリボンフェスティバルブログ - Yahoo!ブログ


声明を拝見して感じたのは、

ピンクリボンフェスティバルとは、「罹患する前の健康な女性たちへ向け、定期的に検診を受けるという習慣を作ることで、マンモグラフィーを普及させましょうというキャンペーンであり、今現在闘っている患者は別枠であり、異なる目標である。」というところかなと、読みました。


 言い換えるならば、マーケットを作り、広げていきましょうということか。
市場が形成され、儲かる場とみなされ投資もされれば、予算も取りやすくなるだろうし、結果研究費にも良い影響を与えるかもしれない。
 朝日新聞本社への広告出稿を促進するための事業部(という認識です)だから、経済活動としては正しい姿だと思う。ブランディングとか考えると患者のほうを向いていないことが露呈した今回の事態は、正しい姿とはいえないかもしれないが、ターゲット外の人間にどう思われようと関係ないと判断できる損益分岐点のバランスを見つけたのならば、それも一つの解だろう。

 誰も悪くない。
 早期発見のみを目標としているから、現在闘っている女性たちとその家族、周囲の人間の理解を得られづらいのは仕方のないことだ。闘っている女性たちは自らの命を削って闘っているのだから、納得できないのも立ち位置が異なるのだから当然のことだ。


だとしても

ピンクリボンフェスティバルとはの続きを読む "ピンクリボンフェスティバルとは" »

2008年04月07日| Choice[人気記事], Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンのブログに出ておられた中西知子さんについて調べてみた。
 (ちなみに私、親戚・知人ががんの手術を経験していたり、亡くなっていたりと、自分としてはがんの話は人ごとじゃない。身の回りにがんで亡くなった家族・知人を持たない人ってどれくらいいるのだろうか?)

さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスブログが順調に燃え上がってる件について : そのときハートは盗まれた
の続きです。


まず、ピンクリボンの組織図は朝日新聞のサイト内にありました。
asahi.com:朝日新聞ピンクリボン運動


で、コメントににぎわいを見せているブログを書いていたのはここの事務局の方のようです。
中西さんというようで。
中西知子

profile ピンクリボン・フェスティバル・プロデューサー。 朝日新聞社に勤める中西さんは、乳がんの早期発見の大切さを伝える活動に3年前から取り組んでいます。

<ピンクリボンとは>
ピンクリボンは、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の重要性を訴えるシンボルマークです。
ピンクリボン運動は、8人に1人が乳がんを患うといわれている米国で80年代から盛んになりました。乳がんは、早期発見により高い確率で治るがんであり、日々の生活で意識し、検診を受けることが大切です。そこで、乳がん月間である10月に、様々な団体や企業が協力し、各地でピンクリボン・フェスティバルを開催しています。


 上記は2004年10月に作られたページのようですので、その時点で既に3年間取り組んできた実績があるようです。
 件の話題になっている雑誌は2008年4月号です。
 かなり長い年数取り組まれておられますので、乳がんという病気のことについても、それなりに詳しい方なのだろうと推察されます。役所の方とかは数年ごとに移動がありますから、医師や研究員、医療機器メーカー、製薬会社など以外で、これだけ長い期間乳がんを職業として携わる機会のある方というのはそう多くはないのではないでしょうか。


「ピンクリボンフェスティバル」の取材レポートをピンクのクマがしていました。
 ピンクリボン:モモ妹、PRESS腕章が入りません。:So-net blog

この間、朝日新聞社事業本部に伺って、 ピンクリボンフェスティバル事務局の中西知子さんに お話を聞いてきました。

事務局は朝日新聞社内にあるようです。
iタウンページで調べてみると、確かに朝日新聞社に事業本部というのがあるようです。
iタウンページ詳細情報
しかも、道路向かいは国立がんセンター

立地的にも申し分ないです。

ピンクのクマの取材では

中西さんは超美人なうえに、仕事ができる大人の女性
という感じでとってもステキでした♪

らしいです。


 

中西知子さんについて調べてみたの続きを読む "中西知子さんについて調べてみた" »

2008年04月06日| Medical[医療]

代理母についての記事を機械訳してみた。
機械訳なので不思議な日本語も出てくるかも。ちなみに使ったのはエキサイト。

目を通して思ったのが
・代理母という制度は洗練されていない。日本が導入できない理由はモデルにするべきプランを見出せないからではないのか?
・合衆国で代理母として出産した数千人の女性たちの多くは、軍人の妻だった。
・通常、合衆国での代理母制度協定では代理母への報酬2万~2万5000ドル(約200万~250万円)。
・若い軍人である夫の一年のベース賃金(新しい1万6080ドルから2万8900ドルまでの現役志願兵のために及ぶ)(合衆国では軍属向けのサポートにより教育や医療、日用品購入にいたるまで生活支援の仕組みがあるため日本国内の経済感覚とは比較できない)
・軍属の夫を持つ妻は、夫の頻繁な移動のためにキャリア形成が難しい。
・代理母という行為により得られる報酬は、肉体的負担や危険、10月10日24時間営業ということを考えるにバランスが取れているのかどうか?
・軍属の夫も民間人の妻も、自分の命により報酬を得るという事実。

The Curious Lives of Surrogates | Newsweek Culture | Newsweek.com

代理の好奇心の強い人生
何千人もの主に目に見えないアメリカ人の女性が他の人々の赤ん坊を生みました。 多くが軍で男性に結びつけられています。

ジェニファーCantor(ハンツビル、アラバマ州からの34歳の外科の看護婦)は、妊娠しているのを好みます。 子供を持っていなくて、必ず彼女は、心臓に1、Dahliaという8歳の娘を持っていて、別のものにもかかわらず、まさしく人間を育てる経験のためのプランは全く持っていません。 子供であったときに、彼女はそれの考えで心を奪われました、全体の2週間の休暇を過ごして、11歳のときに、枕が彼女のシャツの下で詰められている状態で。 彼女はそれのために完全に建てました: 高さ6フィートで、適任であって、細長いのですが、広いことのヒップをします。 気付くと2週間前に、彼女が彼女が8カ月運び続けていた2人の6ポンドの少年で膨らむハンツビルの病院の出産部屋にいた理由です。 部屋にも、ケリー・スミスと彼の妻はいました、リサ、Cantorの腹のぴんと張った皮膚の下の小さい塊で彼女の手を走らせて。 「それは肘です。」と、Cantor(赤ん坊が彼女の子宮にどのように横たわっていたかを知っていた)は言いました。 「ここに、1フィートがあります。」 リサは誇らしげに彼女の夫に微笑みました。 彼女は結局双子の母親です。


それはセックスですが、金融取引であり、それはこのように人々をまた集めます。 ケリーとリサにとって、だれが20歳での子宮摘出を持って、彼女自身の子供に利益を決して負担することができなかったかは、明白です: イーサンとジョナサン、3月20日にC-セクションのそばで生まれる健康な6ポンドの、そして、12オンスの少年。 しかし、Cantorはどうですか? もちろん彼女を支払いました; スミス一家は、正確な量について議論するのを断りましたが、通常、合衆国での代理母制度協定は2万ドルから2万5000ドルの支払いに子供を生む女性にかかわります。 彼女はだれが、彼女の妊娠、不変的に質問を呼び出した「おお、彼らは私のものでないこと」に関して「あなたは父とセックスしましたか?」と尋ねたかを見知らぬ人に言ういくらかいたずらな喜びを楽しみました。 (だれでもリサの卵が以前ケリーの精液で生体外に肥よくにされたと思うことであるといけないのでそれらが5日目に関して注入された。)


しかし、どういう女性が用語まで子供を抱いて運ぶだろうか、しかし、出生の瞬間後に彼を引き渡しますか? 代理は、母と子供の間で母性に関する私たちの最も基本的な考えに挑戦して、私たちがこわしにくい債券としていつも考えたことを疑います。 多くの保守的なクリスチャンが人生の奇跡をいじるとして習慣をけなすのは、驚きではありません、極左フェミニストがgestational運送業者を彼らのボディーを賃貸することによって身を落とす売春婦にたとえますが。 何人かの医療倫理学者が「赤ん坊の仲介」として代理母制度をアレンジする過程を記述します、自己によって取りつかれて、浅はかなニューヨーカーが伸展線を避けるために代理で彼らの赤ん坊を生むという噂は循環しますが。 ヨーロッパの大部分はその慣行を禁じます、そして、ニューヨーク、ニュージャージー、およびミシガンを含む12の州が代理母制度契約を認識するのを拒否します。 しかし、テキサス(イリノイ)ユタとフロリダが通り過ぎた4つの州の法の過去5年、代理母制度を合法化して、およびミネソタに、同じようにすると考えるのがあります。 1ダースがマサチューセッツと最も著しくカリフォルニアをペンシルバニアを含んでいて、述べるよりさらに、明確に習慣を合法化して、規制してください。

今日、赤ん坊を生む前に、習慣の、より大きい承認、および科学における進歩はそうすることができないそれらのためにこれまで以上多くの女性に当たります。 この話を報告することの間に、私たちは、これらの女性の多くが世帯所得を補うために代理母制度を帯びた軍事の妻であると発見して、或るものは彼女らの夫である間、海外で役立っています。 2003年のイラクの侵入以来いくつかの政府機関が軍人の妻の数のかなりの増加と代理であるのに申し込んでいる海軍の人員を報告しました。 上位のときに、産業専門家は、およそ1,000回の代理出産が昨年合衆国にあったと見積もります、Assisted Reproductive Technology(SART)のためのSocietyである間--努力を道代理出生にする唯一の組織が2006年におよそ260を数えました、3年間以上の30パーセントの増加。 しかし、数が確実にこれよりはるかにちょうどニューズウィークが話した5人の政府機関で大きい、2007年に、400回の代理出産がありました。 数が異なる、少なくとも15パーセントの診療所、ある、たくさん、それら、合衆国の向こう側に、数をSARTに報告しないでください。 政府機関の外でされた個人的な協定は数えられません、そして、意図された両親のだれが提供しないかで数字は妊娠で例えば卵を因数分解しません。そこでは、赤ん坊が同性愛者の男性のカップルと同じくらい増加するでしょう。 医学的、そして、法的な請求書を含む意図された両親への費用は4万ドルから12万ドルまで走りますが、供給のよく前に、適任の代理の要求があります。


代理母制度における上昇の別の理由は技術がそれらをより安全、そして、より引き継ぎそうなようにしたということです。 ヴァージニアのGenetics&IVF Instituteなどの診療所は現在、Cantorとスミス一家が彼女らのIVFサイクルを受けたところで過去の10年間で40パーセント上がっている70?90パーセントの妊娠成功レートを誇っています。 ただ精液の数千があるペトリ皿に卵を入れて、マッチを期待するよりむしろ、発生学者は直接卵に単一の精液を注ぐことができます。 診療所の大多数は移植の前に現在、遺伝病がないかどうか胎児をテストすることができます。 それは診療所が患者を治療する方法を変革しています。 リック・ロス(サンディエゴのラ・ホーヤIVFの研究室ディレクター)は、これらの進歩が、「IVF流産率を85パーセント落とします」と助けたと言います。

1970年代だけ以来IVFが周囲にありますが、1人の女性が別のもののために赤ん坊を生むという考えは文明と同じくらい古いです。 代理母制度は、紀元前1800年をさかのぼって、ハムラビ法典で規制されて、ヘブライ語聖書に何度か載っています。 創世記の第16章では、不毛のサラは彼女の使用人に与えます、Hagar、彼女の夫、それらのために子供を作るアブラハムに。 その後、ヤコブは彼の妻のレアとレイチェルのメードで子供の父となります。(彼女はそれら自身のとして彼女らを上げます)。 また、その例では、生みの母は赤ん坊を育てましたが、イエスの出生の話を弁護士ではなく、天使が調停された代理母制度に関するケースであるとみなすのも可能です。


ニューズウィーク掲載の代理母に関する記事を機械訳してみたの続きを読む "ニューズウィーク掲載の代理母に関する記事を機械訳してみた" »

2008年04月03日| Choice[人気記事], Medical[医療], Memo[メモ], Site[サイト], ピンクリボンフェスティバル

ピンクリボンフェスティバルブログに乳がんにかかわっている女性たちがコメントを寄せています。


医と健康のフリーマガジン「Lohas Medical ロハス・メディカル」ブログ: 朝日新聞は対応しないつもりだろうかというエントリーがあがっております。

 そういえば、3月上旬に「ピンクリボン」と講談社の雑誌「グラマラス」創刊3周年特別企画とかで、セミヌード披露してチャリティーだか啓発だかっていう記事を見かけて、ドンビキした記憶がある。
 ドンビキというより、「不愉快」


 ピンクリボンて、あれだよね?

 「乳がん」


 この言葉だけで、ほかになんの説明もいらないと思うんだけども「セミヌード」を絡める必然性があったのかと。話題になったからOK?

 雑誌の想定読者は女性だろうけれども、乳がん患者への配慮は雑誌の収支から考えたら配慮は必要無し?
 言うまでも無いけど、乳がんて、がん発見したら該当の部分を切るわけですよね。
 これから切る人、切った人の事を考えたうえでのセミヌードなのか。
 胸隠すために乳児を抱いた写真は、抗がん剤や放射治療等々を鑑み、子を持つことを断念もしくは計画を変更せざるをえなくなった夫婦がいることを知った上での演出なのか。

 

 そんな事を思い、不快な思いをした記憶があったのですが、案の定……。

 オフィシャルブログらしきものが炎上しております。

 Yahoo!ブログ - ピンクリボンフェスティバルブログ


 
  2008年3月10日の記事を最後に、交信が途絶えております。
  あ、更新ですね。
  コメント欄に寄せられる問い合わせ、電凸に交信途絶してる模様ですのであながち誤りといえないかもしれませんが。

 

さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスティバルブログが順調に燃え上がってる件についての続きを読む "さすが朝日、元祖KY。「ピンクリボン」フェスティバルブログが順調に燃え上がってる件について" »

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  | All pages